カナディアンロッキーの気候と服装

 

カナダ(カナディアンロッキー)へ行くための服装って、なにをどう準備して良いのか分からない。情報を探すのも大変(>_<)

現地のぼくらも説明に困るって言うのが本音。日本の常識とかけ離れてるコトが多すぎるし、比較できそうな場所もない。

まずは、皆さんが持つカナダのイメージや日本の気候常識を遠ざけるところから始めてみましょう。固定感ってカンタンには変えられないけど、カナディアンロッキーでの滞在を快適にするための最初の作業です。

そして、個人的なお勧めが、
イマドキの登山用品を利用してもらうこと。
薄い!軽い!ビックリするほど機能的!

以下のような利点もあります(^^♪

●カナディアンロッキーの山岳気候に対応できる
●荷物の収納が楽になる
●トレッキングの真似事もしてみたくなる
●帰国後の日常にも役立つ

 

さらっと読みたい人は、このまま本文を。

具体的な詳細を知りたい人は、本文の最後にあるブログ記事のリンクからさらに詳しい情報を。

 

実際にカナディアンロッキーで過ごした人たちの感想

過去、ぼくと遊ぶツアーに参加したゲストさんたちの言葉です。

①こんなに暑いと思わなかった(>_<)

②こんなに寒いと思わなかった(>_<)

③こんなに乾燥してると思わなかった(>_<)

④季節感がない(>_<) →脱ぎ着の繰り返しが頻繁

 

①~④を補足

①と②は誤解が原因?

●カナダは寒いからと思い込んで、モコモコ・厚着のものばかり持ってきた。

●日本は連日の猛暑での準備だったから、寒さ対策なんて頭になかった。

どちらも頷けます。でも、実際のカナディアンロッキーの気候はその日によってイロイロ。毎月の気候パターンなんて存在しないし、平均的な状況さえも説明しにくい・・・(>_<) 現地で生活するぼくらでさえ、戸惑ってばかりが本音です。重ね着と脱ぎ着で、暑い・寒いの両方に対応できたら理想です。

 

③を上手に利用して荷物を減らす

詳細は別記事から

 

④はこんな人→

●イマドキの登山用品で、●薄手のシャツやジャケットを重ね着して、●温度変化に合わせて脱ぎ着を繰り返し実行できた人たち。

日本の日常で何度も脱ぎ着を繰り返すなんて、頻繁ではないですよね? でも、カナディアンロッキーは1日の寒暖差が大きい。寒さも暑さも、どちらの対策も必要なんです。

戸惑いながらでも④が出来たら、荷物も減るし快適に過ごせます(*^^)v

 

1日の時系列で追う、服装の変化

2013年9/20

08:30AM

09:40AM

14:40

15:40

 

2015年7/26

08:05AM

09:30AM

13:10

**注釈** 内容を「カナディアンロッキー」に限定しています。ナイアガラ滝やバンクーバーなど他地域では該当しないことも多いのでご注意を。

 

もっと具体的に知りたい

●情報がないカナダ旅行
「カナダ=寒いの思い込み」→ モコモコ・厚着ばかり→ 荷物が多い・かさばる

●イマドキの登山用品でカナダ旅行
カナダが暖かい・涼しい→ 薄くて軽い→ 荷物も少ない→ 身軽な海外旅行

 

登山用品について具体的に知りたくなった人は、こちらのブログ記事も読んでみてね(^^♪

カナダ旅行の服装と準備で迷わないために!2018最新 その①

カナダ旅行の服装と準備で迷わないために!2018最新 その②

寒がりの冷え女子さんには「メリノウール」がお勧め

汗っかきの暑がりさんへ

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪

●Twitter https://twitter.com/tnk51canmore

●Instagram https://www.instagram.com/tnk51canmore/

●Facebook https://www.facebook.com/koichi.tanaka.5201