2018/04/18

尾道のリンダさんへ正々堂々と会いに行けるように

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

ぼくがビジネスやSNS発信で大きな影響を受けてる、リンダさんのお話

自分自身を叱咤する意味でも書きました。

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

会ってもらいたくて尾道へ

リンダさん→ 林田宗久さん

広島県の尾道駅前で、「さくら茶屋」っていう甘味処を経営されてる人。


**上の2枚の画像は、リンダさんブログから無断拝借

 

「わらび餅」や「大判焼き」、「ぜんざい」などのメインメニューはもちろん、

かわいい「猫パフェ」はお子さんや女子にも大人気!

彼のブログで気付きやヒントをもらっていたぼくは、どうしても会ってもらいたい気持ちが増殖。

昨年の日本帰省の大阪滞在中に、尾道のお店を訪ねました。

ひとりじゃ勇気が出なかったけど、他にも会ってもらいたかった皆さんが一緒で心強かったー(*^^*)

ブログからハッキリ感じる、自分に厳しい妥協しない姿勢は想像どおりでした。

 

 尾道はリンダさんに会える場所

ぼくが知る限りの尾道→

尾道おのみち って読めることくらい(≧◇≦)

広島県にある→ 知らない
有名な観光地→ 知らない
もちろん、行ったことなどない

ぼくの中では、
尾道=リンダさんに会える場所

週末の忙しい営業時間中だったから、邪魔にならないよう、お話はちょこっとだけ。

でもね、こんなステキなウェルカムメセージを作成してくれて、

さりげなく注文カウンターに置いてあって。

お気遣いが嬉しかったなぁ・・・

お忙しい中、有難うございます(*^^*)
 

 

リンダさんから言ってもらったこと

交わしてもらった会話の中で、ハッとさせられたこと→

田中さんは、もっとカナダのことを発信したらいいよ。

この言葉でぼくは思い出したんです。

リンダさんの過去ブログから学んだことのひとつを。

投稿で意識するようになったことのひとつを。

 

成田✈→カルガリー🚙→キャンモア(バンフ)って移動したら、そこがカナディアンロッキー

 

Twitterやフェイスブックの投稿にカナダ行きのルートを記載するようになったこと、自分がトレッキングガイドであることを意識して書くようになったのは、リンダさんのこのブログに以下のようなことが書かれてあったから。

 

 

まだまだ、ぼくに出来ることもあるよね。

 

フェイスブックリアル集客術

今はもうされてないけど、

かつてのリンダさんは、集客セミナーを開催してたこともあるらしい。

 

もう更新はされてないけど、

ブログには「フェイスブックリアル集客術」っていうカテゴリーもあります。

実店舗を構え、地元で頑張る個人経営者のためのセミナーであり、ブログ。

 

リアル店舗を持たないぼくにも応用できることはたくさんあるから、

今でも過去ブログを遡っては、ヒントを探してます。

 

変化と進化を求めて

ただ、過去記事が故、すでに古くて通用しない方法もあります。

それは、世の中が絶えず変化してるから。

それに合わせて投稿や表現の方法も進化させていかないとダメ。

そんなことを教えてくれたのも、リンダさん。

彼のあくなき探求心と商売への貪欲さもブログからは伝わってきます。

 

ぼくも学んで感心するだけじゃなくて、それを実行するべく行動しないと。

カナダに戻ってきて、すぐにホームページを新たに作りました。現在進行中。

PCではなくて、スマホユーザーに絞るため。

カナダ旅行に繋げてもらえるよう、情報氾濫とぼくの意識の削ぎ落も改めてしたかったから。

 

今まではツアーに参加してくれた皆さんの笑顔を載せることで、

「一緒に遊ぶと楽しいよ!」

そう思ってもらえるような発信ばかりだった。

でも、「旅行に行くならカナダでも良いかも」

そう思ってもらえるような発信に変換中です。

 

勝手に意味を追いかけて自分の尻を叩く

忙しいリンダさんからのコメントは、いつもシンプルなんだけど、

その中にも叱咤激励が含まれてるって感じてます。

本人はそんなつもりもないんだろうけど、ぼくは勝手に意味を追いかけ、励みにさせてもらってます。

 

先日もこんなコメントが。

 

こういう投稿、もっとすべきだよ!カナダのことを。

リンダさんはそう言いたいのかも。

真意は別にして、自分勝手な解釈でモチベーションアップ(笑)

 

だからやってみた!

なので、早速こんな投稿をしてみました。

単なるカナダの紹介じゃなくって、その続きもあるのかな?って感じさせるような内容で。

「続きになるような」→ これもリンダさんブログから学んだこと。

 【5億年前の化石に興味がある人、いるかな?】

ぼくの住むカナディアンロッキーは、5億年以上前の、まだ海だった時代の生き物の化石が埋もれている場所。

恐竜が繁栄していたもっと前、「古生代」っていう時代。

当時の生き物たちはすべて海に暮らし、今のカナディアンロッキーの岩肌を造りあげた、地質の基(もと)になってます。

 

そしたらね、反応が多くてビックリ! コメントも紹介できないほどたくさん!

コメントからもヒントを得たので、続きになるような投稿もしてみます。

 

 来年はもっとお話してもらえるように

リンダさんにお会いできてホントにヨカッタ。

会えば刺激をもらえる!そう思った自分の直感は間違ってなかった。

 

失敗と向き合い、いつも工夫と継続で自分に厳しく信用と売り上げを伸ばしてきた人だから、存在そのものに説得力があります。

ここに綴ったことは、背伸びしてリンダさんへ宛てたものではなく、

ぼくの現時点での素直な決意表明。

背伸びしても、リンダさんには簡単にバレるからね(≧◇≦)

 

ちゃんとブログを深読みして、行動して、工夫して、継続して、

2018年はもっとお話してもらえる人間になりたいな。

そのために何をすべきかは、ぼくがいちばん分かってます。

 さくら茶屋を感じてね

尾道に出掛けることがあったら、リンダさんのいる「さくら茶屋」に寄ってみてね。

3月からは、テイクアウト専門の新店舗でリンダさんは大判焼きを担当するけど、

既存のお店では、今までどおり、

舞ちゃんと藤原くんが

わらび餅やパフェを担当してくれます。

 

尾道まで行けない人は、「大判焼き」の通販ページもあるので是非!

お土産にも喜ばれるよ(*^^*)

大判焼きは餡が命!! 高いのには理由がある

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)


 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.