2018/11/15

カナダに帰国できなかったお話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

10/13~の日本帰省。
今回は旭川での母親の七回忌をメイン行事に25日間の滞在。

大きな荷物を抱えてカナダへ帰国するはずだった11/07、搭乗拒否となり、まさかの延長滞在が決定しましたー(笑)

ってことで、帰国難民となって8日目(11/14現在) 大阪の啓子の実家に居候させてもらってます。

 

「人は成功体験よりも失敗談に共感する」

偉人たちの伝記よりも、しくじり先生が身近に感じられる理由ですね。

今回のブログは、ぼくら夫婦がカナダに帰国できなかった、間抜けなワケを綴りました。

ちなみに、3日間を費やして書きました。大事に読み込んでもらえたら嬉しいな。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」って言いたいけど、今は「遥か彼方」(笑) 

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

市民権と永住権の違い

今回のお話をする前に、基礎知識とキーワードを。

●ぼくら夫婦は純粋な日本人。
●日本のパスポートとカナダの永住権で暮らしてる。
●カナダ市民権ではない。

誤解を受けやすいのは、市民権と永住権。ふたつの違いはこんな感じ。

市民権→ 日本の国籍を捨て、カナダ人になること。パスポートはCANADA
永住権→ 外国籍のまま、一生カナダで生活できる権利。パスポートはJAPAN。永住カードを発行してもらう。

あえて永住カードって言ってるけど、

英語の名称は「Permanent Resident Card」→ 略して「PRカード」

 

永住カードなのに期限付き?

今回、帰国できなかった理由は、この「PRカード」の有効期限が切れていたから。

5年毎の更新が必須なのに、ぼくら夫婦のカードは8月に失効してました(笑)

ふたりとも、まったく気付いてなかったのが、大いなる間抜けですな(笑)

TwitterやFacebookでお笑いネタとして投稿したら、こんなギモンの声が挙がってきました。

 

Facebookのライブ配信でも回答したんだけど、

ぼくの答えはこんな感じ→

運転免許証にも有効期限があるよね?日本は5年かな?

期限切れを知らなくて、車に乗り込んでエンジンをかけた。その直後に期限切れに気付いた。

もちろん、気付いてなくても、そのまま運転してしまったら、万が一のときは言い訳できなよね?

ぼくらの場合は、伊丹空港でのチェックイン時に提示をして、PRカードの期限切れが発覚。

そんなヤツらを航空会社は飛行機に乗せることは出来ない。いちるの望みをかけて成田空港まで飛んだものの、当然ながら無駄足に終わり、大阪の啓子の実家へ戻ることに。

帰宅できたときには日付けが変わってました。

 

「期限切れのお知らせはないの? 日本の免許証更新はお知らせあるよ」 

ライブ配信ではそんな質問も飛んだけど、答えはお知らせなし」

カナダでは自分の大事なことなんだから、自己管理しろよ!ってことです(笑)

 

今後はどうなる?

ぼくら夫婦がカナダへ戻る方法は、仮の永住ビザ(PRTD)を発行してもらうこと。

Permanent Resident Travel Document(PRTD)

そのためには、

①東京にある「ビザセンター(カナダ関連)」から申請書類を受け取り。

②必要事項を記入。

③その他の必要書類とパスポートを同封して郵送。

④東京事務所からフィリピンにある「ビザセンター本部(アジア・環太平洋地区の管轄) に郵送。

⑤そこですべての審査に通ったら、仮の永住ビザとパスポートが送られてくる。

⑥航空券を手配してカナダに帰る。

●申請料(ひとり)
**カナダ移民局へ $50(約4,400円)
**東京のビザセンターへ 9,405円

③を集めるためにいろんな人に頼り、②は公的文書が故に英語の表現に戸惑い、何度もビザセンターにチャットで問い合わせることに。

 

11/14現在

2日前には②を完了させられると思っていたのが、

想定外のことがあり、

未だ書類がすべて揃っていません。

②で停まってます。

想定外のことも発覚し、その取り寄せに5~6日間は費やしそう。

来週の月曜日には③の郵送まで終わらせられると思ってますが、どうなることやら(笑)

そこから、フィリピンでの審査が通り、手元に仮の永住カード(PRTD) とパスポートが手元に届くのはいつになるのかな?

期待しないでのんびり待ちたいと思います。

いずれにしても、大阪に啓子の実家があることに感謝。

そして、啓子のご両親が元気でいてくれるお陰で、快適に過ごすことが出来てます。有難すぎます。

もちろん、今日に至るまでも、カナダや日本の友人たちに助けてもらってます。カナダに戻ったら改めてお礼を尽くします。

 

不運ではなく必然だった

カナダへ戻れないと分かったときは、さすがに落ち込んだけど、翌朝には気持ちを切り替えてる自分がいました。

今回のことを不運と嘆いたって何も変わらない。

だから、必然なんだと思うようにしたのです。

あのとき日本に残ることになったから今がある。そう言えるように、今の延長滞在をムダにしないよう工夫していきます。ダラダラなんかしないよー! どんどん行動していきます!

 

 

生きることは呼吸ではなく行動すること

前向きな気持ちが後押ししてくれたのか、以下の4か所でトークライブやイベントを行えることになりました。

12/02(日) 飛騨高山
18:30~ 2.5時間

12/08(土) 神戸
12:00~ 2時間

日時未定 大阪

日時未定 京都

例え、参加者がひとりだけだとしても、カナダや自分の想いを伝えるための、絶好の機会になることは間違いありません。次に繋げる自信はあります。

 

その他、今回の滞在で会えなかった人と会うことが叶ったり、新しい企画のヒントになるような機会を設けてもらったり。

賛同、協力してくれた仲間にはホントに感謝ですね。

TwitterなどのSNSを継続してきたお陰で、想定外の嬉しいことが毎日起こってます。

不運だと嘆いてばかりいては、こんな嬉しいことには繋がらなかったはず。

これからもどんどん動いていきます。

 

イベントの詳細はまたお知らせしますね。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.