2018/11/18

1年でたったの22時間

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

日本にいる人が、カナダのことを思うタイミングってどんなときかなぁ?

まだ行ったことのない人が、カナダという国へ想いを寄せたりするのかな?

何度か訪れたことのある人が、あのときの感動を思い出すのはどんなとき?

それとも、日常の忙しさに追われ、カナダのことなんて思い出す暇もない って人のほうが多いのかな?

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

他の作業と併用しながら、7時間くらいかけて書きました。文章、苦手・・・ 想いを読み込んでもらえたら嬉しいです。

 

1年でたったの22時間

ぼくの実家のある北海道の旭川に、マーケティングコンサルタントとして活動する、冨樫さんって人がいます。

彼のブログでとても共感できる点があったので、自分に置き換えてみました。

 

1年は365日。
時間にすると、

24時間 × 365日 = 8760時間

毎年カナダに来て、
ぼくと一緒に遊んでくれるリピーターさんがいたとします。

2日間を一緒に遊んだとして、
11時間 × 2日間 = 22時間

24時間 × 365日 = 8760時間もあるのに、1年間でたったの22時間しか接点がない。

その中で、ぼくがゲストさんたちとの信頼関係を継続させるにはどうしたら良いのか?

思い出してもらえる方法って何がある?

冨樫さんのブログは、そんな問いかけをしてくれてました。

 

忘れられないために出来ること

ぼくは今、Twitterに多くの時間を割いてます。

対話を重ねてる皆さんは、日常の中でSNSがメインになってる人たち。

つまり、TwitterやFacebook、Instagramの閲覧や投稿に費やす時間が長い人たち。

ぼくは日常の中で、彼らの想いを知ることが出来るし、忘れることもない。逆に、ぼくやカナダのことも毎日のように思い出してもらってます。

 

でも、ぼくとカナダで一緒に遊ぶゲストさんたちで、そこまでの人はいない。

アカウントを持っていたとしても、たまに観るだけって人が断然多い。それも当然のこと。誰だって日々を忙しくしてるからね。

そんな人たちにカナダを思い出してもらうには、やっぱブログなのかなぁ?

でも、書いただけじゃ気付いてもらえない。こちらから報告していかないとね。

①ブログを書く
②適度な頻度
③お知らせする
④また読みたいって思わせる

結果、カナダや田中康一(たなかこういち) を忘れない

そんな発信が理想かなって思うけど、皆さんはどうでしょうか?(笑)

 

新たなブログを展開したい

詳細はまたの機会に綴るけど、ツアーブログを書くことに、かなりの重圧がありました。

参加してくれた皆さんの、貴重なカナダの記録としてしっかり残したい。

でも、書かなきゃって思えば思うほど書けなくてなって・・・

だから、今までのようなツアーブログは書けません。継続できないから。

その代わり、自分が楽しく書けるような展開にします。

カナディアンロッキーのことも思い出してもらえるように。また行きたい!って思ってもらえるように。

ぼくだからこそ出来る、オンリーワンの共感し合える方法を目指して!

 

今後のブログ記事予告

●カナディアンロッキーの会・関西編 10/27 その様子と感謝の気持ち

●この夏のツアー名場面

●来年のGWは10連休!

●メリノウールの工場見学に行ってきた!(岐阜県)

●メリノウールの腹巻きを勧めたい!

●田中康一(たなかこういち)のこと

●気候の変化を受け止める

などなど、下書きにはたっぷりネタが詰まってます。

過去記事の引っ越しも含め、楽しんで書いていきますね。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 

直でカナダのお話をしたい人、ゆるく相談したい人はLINEでお話しましょう。内容は他に公開されることはないのでご安心を。LINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも出来ます。

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.