2018/11/19

10/27 カナディアンロッキーの会・関西編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

10/27に開催したイベントについて綴ってます。

ぼくが毎年の日本帰省でとっても大切にしてるイベント。カナダで一緒に遊んでくれたゲストさんたちとのオフ会。大阪なのにここだけカナダに変わる4.5時間。第1回から6年目の今年も参加してくれた、森亜希ちゃんがたくさん写真を撮ってくれたよ。いつもありがとう!

時間を工夫して集まってくれた、20名の皆さん、有難うございました!

今回は伝えたいことが多いから5分くらいの長編? 3日間かけて書きました。

 

もうね、この空間だけ大阪じゃなくて「カナダ」(笑) そう、いつものことだけど、ここは完全にカナディアンロッキーでしたよ。

やっぱ、このオフ会の雰囲気、いいなぁ・・・

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

小美さんがいるからここで開催

会場は、昨年からお世話になってる「Pumpkin Rocks」

毎回ながら、オーナーの小美(しょうび) さんがプライスレスな対応でホントに有難い。

めちゃくちゃ美味しくて量も十分な食事と(写真撮ってない・・・)、

いつも細かなLINEでの対応。感謝です。

小美さんと知り合えて、ホントに嬉しいです。また来年もよろしくお願いします。

貸し切りのパーティーの会場を探してるなら、「Pumpkin Rocks」 を推します。親切なオーナーさんのお名前は、小美(しょうび)さんだよ。

 

新たな試行

6年目を迎えた今年のテーマは「変換」 あ、ぼくの勝手なテーマだけどね(笑)

現状維持が必要な場合もあるんだけど、変化と進化の激しい昨今。ぼくの思考・志向・嗜好も頻繁に変わってます。

だから、今回は「トライアル」というカタチで、新たな試行を交えてみました。

①ゲストアーティストさんを迎えてのミニライブ。

②ドキュメンタリー映像の撮影・編集を依頼。

 

カナダソング

名古屋在住のアーティスト、Shinji Yoshida さんを招いてのミニライブ。

彼とはTwitterで知り合い7ヶ月。実際に会うのは、この日の前日が初めて(笑)

彼の曲を聴いたりブログを読んだりで、その真面目で不器用な生きざまにとても共感できたのです。

この会のために作ってもらった、オリジナルのカナダソングを含め合計で4曲を唄ってもらいました。

 

カナダソングの「タカラモノ」は、ぼくが3月に制作を依頼したオリジナル曲。

過去ブログで詳細を綴ってますが(→こちら)、読むのが面倒な人はこのまま読んでね。

①みんなで一緒に唄える、
②日本の日常でもカナダを思い出せる
③カナダの思い出だけに頼らず、エネルギッシュに毎日を過ごす方法を見つけてもらいたい

 

一緒に遊んだゲストさんたちへのエールを込めてを創作を依頼したけど、結果的にはぼく自身への応援歌にもなりました。

一部は、ぼくが歌詞を担当。ぼくが目指してる自分像だったかも(笑)

探し続けてた
ぼくだけの歩幅を

そのために出来ること
ぼくだから言えること

今を確かに刻む
自分の弱さ受け止め

 

カナダソング「タカラモノ」のフルバージョン

 

ドキュメンタリー映像

オフ会に参加できない人にも雰囲気を感じてもらいたい、

特に今年は、5年も続けた東京のオフ会を中止にしたので、その様子を残したいって気持ちも強かった。可能であれば毎年、映像作品を作りたいなって気持ちも。

撮影・編集を依頼したのは、大阪在住の鹿子尚人(かのこ なおと) さん。

彼のことを知れるサイトは→ こちら

Twitterで繋がってもらってから、彼の器用さにはほとほと感心してました。

撮影と編集の経験はほぼゼロと言われたけど、ぼくは尚人さんに賭けてみたくなったのです。

 

締め切りを設けず、彼にはじっくり作業してもらいたいって思ってるので、完成を楽しみにしてるところです。

ちなみに、リアルで会うのは今回が初めてです(^^♪

 

LINEスタンプ

日本の日常でもカナダを思い出してもらいたくて、カナダ旅行をさらにワクワクさせてもらいたくて。

石川県は金沢在住の主婦、タケちゃんにデザインをお願いしました。

彼女もやっぱりTwitterでの繋がり。まだ会ったことないです(笑)

次女のこっちゃんが壮絶にカワイイ、タケちゃんの楽しいブログは→ こちら

 

ぼくの期待を遥かに上回る可愛いキャラクターに、オフ会での経過報告でも、歓声が上がってました。

 

タケちゃんのセンスと頭の回転の良さには脱帽です。

ぼくが原因で、かなりの時間を費やしてもらってます。現在は7割くらいが完成。

彼女のデザインが完成したら、鹿子尚人さんにデータ化とスタンプの代理申請をしてもらうことになってます。ドキュメンタリー映像を担当してくれてる人のことね。

審査がとおったら、そこで初めて販売することが出来るんですって。誰かに使ってもらえるって楽しみだなぁ(^^♪

 

再会が叶いますように

その他にも、

毎回恒例の、ぼくが作ったスライドムービーを流したり、2019年のGWが10連休でお勧めだっていうお話や、自分の想いをお話したりもしました。

各テーブルで参加の皆さんとの対話を意識して時間を割いたりと、いい時間だったのではないかと思ってます。

なんせ、4.5時間たっぷりだったからね(笑)

参加してくれた皆さんは、どう感じたのかな?

来年もまた必ず開催します。

皆さんのタイミングが合いますように。再会が叶いますように。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 

直でカナダのお話をしたい人、ゆるく相談したい人はLINEでお話しましょう。内容は他に公開されることはないのでご安心を。LINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも出来ます。

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.