“お金は働けば取り戻せるけど、時間だけは戻せない” 日本人の個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーのトレッキングツアー。

みっちゃんへ ロッキー通信10月号

紅葉じゃなくて、黄葉(こうよう)?

みっちゃん、次号「ロッキー通信」のネタ、どうしよう?

田中

カナダの紅葉についてはどう?

国旗にもあるカエデのことなんかも知りたいね。

みっちゃん

そっか、黄葉ね。
それでいきます!

カナディアンロッキーの黄葉ってね、黄色と青空のコラボがすごく映えるんですよ。

田中

えっ、黄色?
黄葉?
紅葉じゃないの?

みっちゃん

あ、やっぱりイメージしてる色がお互いに違ってますね(笑)

田中

カナダの東は紅葉、西は黄葉

カナダ国旗に描かれるカエデって、そのほとんどがカナダ東部。

「メープル街道」っていう、ナイアガラ滝→トロント→モントリオール→ローレンシャン→ケベックと続く800キロは紅葉で有名なルートなんです。

田中

800キロってスゴイなー。

みっちゃん

ぼくは一度も見たことないんです。だって、メープル街道は遠すぎるんだもん。

飛行機に乗ってるだけで6時間、自宅からだと8時間もかかる。時差だって2時間あるんです。

田中

えーっ、6時間?
日本国内でそんなに長い時間を飛行機に乗ることないよね。

しかも同じ国で時差って。
カナダって広いなー。

みっちゃん

ぼくの住むカナディアンロッキーは、日本のカラマツやポプラと似た樹が秋の主役。

カナダ東部とは樹の種類も色も違います。

田中

日本やカナダ東部の紅葉って赤やオレンジ、黄色のグラデーションが美しいけど、「黄葉」はホントに黄色だけ。

日本からの皆さんには逆に印象深いはず。

田中

夏に来たゲストさんたちも、次は黄葉の時期に再訪してみたい!っていう声が多いんですよ。

田中


うわー!ホントに眩しい黄色だね。スゴイ!

みっちゃん

非日常の黄葉が広がる世界

黄葉と同じタイミングで雪が降って青空になると、こんなにプライスレスな景色になることも。

黄色と白と青の珍しいコラボです。

田中


これもスゴイけど寒そう。

気温は何度くらいまで下がるの? まさか、マイナス?

みっちゃん

雪面からの強い照り返しがあるから、ぜんぜん寒さを感じません。

このときも25度くらいまで上がったから、夕方にはすっかり解けましたよ。

数時間だけの価値ある景色でした。

田中

いつもながら、ぼくには非日常の信じられない世界だ。

秋のカナディアンロッキーってスゴイね。

黄葉の時期っていつごろ?

みっちゃん

早ければ9月中旬から色付き始めるけど、ピークは3週目くらいになることが多いかな。

もちろん、自然現象だから時期がズレたりもします。

田中

オーロラと黄葉のカナダ旅行が人気

「イエローナイフ」という緯度が高い都市でオーロラを観て、

その後にカナディアンロッキーで黄葉を楽しむというカナダ旅行が人気なんです。

田中

え? オーロラって冬に観るんでしょ?

みっちゃん

8月中旬~9月下旬も観れるんですけど、日本では認知度が低い。

大袈裟な防寒具の必要ないオーロラと黄葉の組み合わせで、6泊8日の旅が理想ですね。

田中

真夏から秋にオーロラなんて!

ますますカナダに興味を持つ人が増えるといいね。

みっちゃん

 

 

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.