“お金は働けば取り戻せるけど、時間だけは戻せない” 日本人の個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーのトレッキングツアー。

ぼくの仕事はインタープリター

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

ぼくの職業タイトルは
プロフェッショナル・インタープリター

ぼくの活動拠点である国立公園では、この資格を持つことでトレッキングガイドを名乗れるんです。

注釈:
正確に言うと山歩きガイドの資格は多種あるんだけど、このブログの便宜上サクッと綴ってます。

2分で読めます。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

声なき自然の声を人間に

インタープリターって「通訳(または解説)する人」の意味。

そう、ぼくは通訳者なのです。

声なき自然からのメッセージを人間に伝える役目。

動植物は生き延びるための、そして、種を絶やさないための工夫を必死にこなしてます。

生き物たちの仕事は、食べること+繁殖すること。カロリーの高い食事を摂って心身を強化し、強い子孫に繋げる。

食べるために途方もないほど広い範囲を動き回るし、食糧となる動植物が豊富で安全に行動できる土地が必要なんです。

 

カナディアンロッキーは世界遺産

類まれな美しい景観を求めて、世界中からたくさんの観光客が訪れるのがカナディアンロッキー。

カナダ自然保護活動のバックボーンとして確立され、

氷河など悠久な自然の営みは今なお地形を変え続け、

ウィルダネスという人間の侵入を困難にさせる自然界の生き物だけに許された聖域を残します。

カナディアンロッキーが世界自然遺産となった理由です。

4つの国立公園と3つの州立公園の総称で「Canadian Rocky Mountain Parks(カナディアンロッキー山脈自然公園群)」という世界自然遺産を作る。その面積は東京都の11倍も、人の生活する町はわずか4つで人口総計は6万人以下。道路の数は5本。

 

生き物たち以外からのメッセージ

カナディアンロッキーの岩肌や地層、気候などからのメッセージにも、ぼくらインタープリターは耳を傾けその声を辿ります。

かつて海底だったカナディアンロッキーの地層には、化石など古代からのメッセージも埋もれてます。

 

人間だからこその役割り

人間もカナディアンロッキーに棲む69番目の哺乳類としての役割があります。

「キーストーン種」の人間だからこそ出来ることがあります。

他の生き物たちからの声なき声を拾い、吟味し、生態系を時には崩しながらも工夫を交えて後世に繋げていくことです。

ぼくが訳したメッセージを日本からの観光客にも伝えることで、自然に対する意識とリスペクトを共有していきたいなって思うのです。

 

トレッキングツアーの相談など、ゆるくLINEでお話しましょう。内容は他の人から見えないのでご安心を。

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.