2018/08/09

7/16 ロッキー愛が熱い!久美子と仁美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

スゴイ奴らがやってきたー!\(^o^)/

7月中旬のベストシーズンに、レイクオハラの湖畔のキャビンに3泊っていう、タフなふたり。さらに、宿泊は初めてじゃないっていうからもっとビックリ!

久美子と仁美。
とにかく、スゴすぎるほどのカナディアンロッキー履歴を持ってるけど、あまりにも長いので割愛します(笑)

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

想いとこだわりが溢れすぎ(笑)

昨年10月のやり取りから、久美子の想いがハンパないことも知ったよ(;゚Д゚)

彼女がLINEで伝えてくれた言葉はどれも暑苦しい  熱い! あ、個人的にはそういうヤツ、大好き(笑) ぼくも「気合いのスイッチ」がすべて入ったね(笑) まさに「言霊」だ。

初めてロッジに泊まった25年前から気になってるものがありました。

それは、ロッジのダイニングに飾られている「All Souls Prospect」のプレートなんです。そのプレートの醸し出す雰囲気が私の心を鷲掴みにして(笑)、以来、ずううぅ~っと「必ず行きたい!」って思ってました。

でも、悲しいかな、私がオハラを訪れるときは、いつも残雪か雨でした。さらに、アルパインルートなんて素人だけでは行ってはいけない神聖なイメージがあって、ガイドさん無しで行く勇気も持てませんでした。

他のアルパインルートがダメじゃないんですが、「All Souls」を歩かないことには死ぬに死ねないんです(笑)

この想いを文章化するのは困難ですが、田中さんなら理解していただけるのではと思い、仕事中ですが会社のトイレに籠ってメールしてます。

久美子

久美子、トイレからわざわざありがとう(笑)

あんまり理解できてないけど(笑)、それだけの想いがあること、聞けてヨカッタ。久美子と仁美のためだけの福袋を用意するためには、とても大切なインフォだよ。

ただね、7月中旬の「All Souls」は落石の可能性が高いよ。大事なお金と時間を提供してもらう立場上、予想できるリスクは減らしたい。そのために変則ルートになるかも。

田中

そして、仁美からはこんなメッセージが。

久美子の影に入ってるけど、6回目のカナディアンロッキー、3回目のレイクオハラ宿泊って十分すぎるほどスゴイわ(笑)

あの「レイクオハラロッジ」に3回だよー!(;゚Д゚)

田中さん、こんばんわ。

東日本大震災のあと、やりたいことはなるべくやる、と決めてから運動嫌いの私がジョギングや筋トレを始めました。

臆病者で怖がりですが、アシニボインや上高地で雪や雨の中を歩いたことで、なんでも経験することは大切なんだな、と感じました。カナダは次で6回目、レイクオハラに泊まるのは2度目になります。

私は久美子さんの行きたいコースが好きなので、田中さんにお任せします。

仁美

 

今日の弾ける笑顔

「上で待ってる」ふたりのために、無事にぼくと啓子のバス席も事前確保できたし、当日は最高のお天気。

久美子と仁美の「ロッキーLOVE」が通じたね。

 

今日のコース

レイクオハラ→ オールソールズ(アルパインルート)→ オパビンプラトー→ ヤクネスレッジの一部→ レイクオハラ

今日の条件で他のコースを選択しちゃったら、一生恨まれるよね(笑) 久美子の想いを叶えるべく、ロッキーの神様が味方してくれたよ(*^^*)


熱望していた「オールソールズ」だけじゃなくって、翌日に繋がるよう「ヤクネスレッジ」へのアルパインルートも一部だけ歩いてみた。

ふたりなら、なんとか分かるかな? Google Earth で示した2日間のルート

黄色と青は一緒に歩いたコース、緑が翌日にふたりが歩いたコース

 

今日のカナダ国旗

Rocky を好きでい続けていて本当に良かった! 今回は魂を持って帰ることができます。

田中さん、啓子さん本当にありがとう! 言葉にならない想いをこめて。 久美子

 

カナダ愛!!私でもここまで歩けて楽しめました!! 仁美

いや、君は十分に歩けるでしょ(笑) by 田中

 

来年に向けて① コース

久美子と仁美へ

来年9月のキャンプに向けて、4人だっけ? 日程の調整を本気で検討してみてね。

●トレッキングは氷河を間近に仰ぎながら歩けるコースが複数選択できる。ある意味、Mt.ロブソンでキャンプして周辺を歩くようなスケールの大きさ。マジだよ。

●トレイルお世辞抜きに「レイクオハラ」と同等レベルで整備されてるから、とっても歩きやすい。マジだよ。

最初から最後まで急登続きで笑えるけどね(笑) ふたりなら歩けるよ。

 

来年に向けて② キャンプ場

キャンプ場の設備はバツグン!
車にすべて積み込んで行けるから、食料や大量のアルコールは持ち込み放題!\(^o^)/

薪はキャンプ場に用意されているのを無料で使い放題(*^^*)

立派なお手洗いは広くて清潔! 水洗でお水も使えるよ(お湯はなし)

もしも実現しそうになったら、もっと詳細を伝えるから、日程などを教えてね。

あ、その前に「費用概算」が必要かな(笑) 2~4名って感じで良いかな?

 

今回がカナディアンロッキーは最後って言ったけど、啓子と一緒に本気で再会を期待してるよ。大いに飲んで語って歩こう!辛口の日本酒、持参でよろしく~!(*^^*)

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.