個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

9/30~10/04 その③ お帰りナオ! ようこそ瑞枝!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

ナオと瑞枝と遊ぶ3日目も「レイクオハラ」
そして、今シーズンのシャトルバス最終日。

レイクオハラまで上がったら雪が積もっててて仰天!(;゚Д゚)

昨日の最後があんなに穏やかな終わりだったのに、その後、たくさん雪が降ったんだねー。

ナオの大好きな雪景色!

瑞枝が見たかった「冬ロッキー」になったよ。スゲー!

わずか2日前に歩いた「オダレイグランビュー」も、完全に雪に埋まってる(^-^;

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

湖畔からの雪景色がスゴイ!

\今日のコース/

レイクオハラ→ レイクオエサ→ ヤクネスレッジを少しだけ→ レイクオハラ

もーね、スゴイ、すごい!の連発だよー!

朝から感動と興奮が止まらんわ。


ナオ、たまらず号泣!

泣けるくらい感動した景色、最近はいつ見ましたか?

ナオの気持ちが分かる人、是非一緒に遊びましょう!

 

 樹々を覆う雪景色が美しすぎる

9月や10月の雪って、ロッキーでは珍しことじゃない。でも、誤解しないでほしいのは、

根雪はまだまだ先!ってこと。

バンフやキャンモアのような麓だと12月に入ってからが根雪。

レイクオハラのような2,000m越えた場所でも11月半ばくらいから。

真冬に降るのは、いわゆる「粉雪」

固まらないし放り投げるとふわ~って舞う。樹氷のように樹々を覆ったり出来ないほど軽い雪。

これ、1月の過去画像から→

でも、9月や10月(5月や6月も)の雪は、湿気を含むベタ雪。樹々や地面を覆うから雪景色としての見栄えは十分ですね。

今日、上から見たレイクオハラロッジ周辺。森が雪景色に覆われて美しすぎる。圧巻!!

あ、美しいけどコースは凍結してるから、ぼくは必ず簡易スパイクを持参してます。

いつ、どこが凍っているかなんて、麓の生活からは想像できないから。

ケガや歩く不安をなくすための、ぼくの役割り。

 

雪がキレイと笑うのは君がいい

ぼくのイメージだと、真冬以外の雪って汚れてる感があるんだけど、今日の雪はホントに清楚で真っ白!

真冬の雪と同じくらいキレイ・・・・

さらに、太陽光が当たると雪面がキラキラ光ってる=雪(氷)の結晶がある。

持参してるルーペを渡して、確認してもらいましたよ。


こんなのがね、ホントに見れるんだよー。

buck number の「ヒロイン」が、またぼくの中でリピートし始めた。

♪雪がキレイと笑うのは君がいい♫

ナマで見たい!って人は、冬ロッキーで一緒に遊びましょう!

 

 今シーズンのレイクオハラも笑顔で終了、ナオ、瑞枝、ありがと!

これだけの雪景色に囲まれたけど、実際に寒さは感じない。信じがたいかもだけど、これホント。

その理由は、陽射しの恩恵があるから。

下山のころには朝の面影がないほど溶けたのも事実。

だから、ナオの大好きな雪景色を堪能できたし、瑞枝の見たかった冬ロッキーも快適にイメージ出来たと思う。

だから、今日も彼女たちの笑顔が満載。

雪景色に囲まれた湖面も独特の美しさだったなぁ・・・

2016年、レイクオハラの最終日がこんな〆で、ふたり同様、ぼくもハッピー&ラッキーでした。ナオ、瑞枝、ありがと!

今年もお世話になったバスドライバーたちや国立公園スタッフらと記念撮影。

今年も名前を覚えてもらったけど、来シーズンに会ったらまた忘れてるんだろうなぁ(笑)

ま、そんなことはご愛敬。来年もまた会えますように。


 

 

 

トレッキングツアーの相談など、ゆるくLINEでお話しましょう。内容は他の人から見えないのでご安心を。

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2016 All Rights Reserved.