個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

本当に買いたかったのはジャケットじゃない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

彼女はジャケットを購入したけど、その商品に対価を支払ったわけじゃない

⬇️⬇️⬇️⬇️
そんな感覚をもっと理解できたら、

ぼくの役割りも山歩きガイドから枝分かれして、さらに広角になっていくはず。

あるリピーターさんのお陰で、自分のテーマを再確認できたよ っていう内容のブログです。

読み終えるまで4分くらいかな?

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

面倒くさいヤツだから得られるヒント

カナディアンロッキーが7回目となるリピーターさん。

5月のGWを利用して再訪してくれました。

仮に彼女の名前を「ひろみ」としよう。

いや、実際に「ひろみ」なんだけどね(笑)

ぼくのリピーターさんの中でも、「面倒くさいヤツ」の筆頭候補(笑)

なぜ「面倒くさい」のか?
その理由は、ぼくが「女子ごころ」を理解できていないから。はい、そこに尽きます(汗)

いつもは時間の許す限り山歩きを優先する彼女が、

「なるほど~!」っていう我がまま?を言ってくれました。

面倒くさいけど、どこかでヒントをくれるのも「ひろみ」なのです。

 

本当に買いたかったのはジャケットじゃない

針葉樹の森に凛と建つ、中世の古城のような「フェアモント・バンフスプリングスホテル」

ずっと憧れてたホテル。中に入ってみたーい!

ひろみ

そう言われて、見学をしたときのこと。

いかにも高級なショップで、悩んだ末にジャケットをお買い上げした「ひろみ」さん。

お値段は日本円に換算して1万5千円。

もちろん登山用でもないし、お世辞にも保温性に長けてる素材でもない。

どう考えても実用的ではない買い物なのに、ウキウキと心が躍ってる彼女。

そっか!もしかして・・・

ひろみはジャケットを買いたかったわけじゃないのかも

 

いや、正確にはジャケットも気に入ってた。
シルエットが細いから痩せて見えるし肌触りも良いとご満悦。

でも、本当にひろみが買いたかったのは、

「フェアモントホテル」というゴージャスな非日常空間にいる自分

そこでホテルのロゴ入りジャケットを購入した、いつもと違う自分


そんなぼくの想像は、
翌日の確信へと変わったのです。

 

いつもと違う場所で違う自分になる

バンフから1時間離れたレイクルイーズ。

白亜のお城のごとく建つ「フェアモント・シャトーレイクルイーズ」

この周辺での山歩きを終えた直後に

ホテルでのアフタヌーンティーへ。

これぞ「海外の山岳リゾート」ならではの過ごし方。


ひろみは「お気に入り」の白いジャケットに着替えてレストランの席に着く。

キレイなウェイトレスさんと英語での会話をこなす。

言われてる英語はほとんど理解できてないんだけど(笑)、そんなことはどうでも良い。

豪華ホテルのダイニングで英語に触れてる非日常の自分。

その事実が嬉しすぎてニヤニヤが止まらない

ホテルのロゴ入りメニューだけでもワクワクするのに、

そこに表示される20種類以上の紅茶タイトルを眺めると、さらにテンション上がる!↗️↗️↗️

はしゃいで紅茶を飲みすぎて、30分毎にトイレ🚺に駆け込んだこともご愛敬(笑)

可愛いデザート🍰🧁が並ぶテーブルを見ただけで、体温が急上昇!

意地でも全種類を食べてやるぞ!と気合が入る🤣🤣

写真映えを気にしたっていいじゃないか。

いつもと違う場所で

まるで違う自分になれた!

それが嬉しすぎるのだ。

 

ギャップ萌え?

普段は
こんなスタンプを連打して笑わせてくれる「ひろみ」🤣🤣

サングラスをかけたままトイレに駆け込んで、「照明が壊れてる!暗い!」と真顔で叫ぶ「ひろみ」🤣🤣

鼻をかんだティッシュで、涙目も拭く「ひろみ」🤣🤣🤣

今回は、いつもと違うひろみさんにギャップ萌え??(笑)

 

今日のまとめ

アフタヌーンティーよりも、

「フェアモントホテル」というゴージャスな非日常空間にいる自分に、惜しまず対価を払いたい。


そんな感覚をもっと理解してあげられたら、ぼくの役割りはさらに広角になっていくはず。

 

「サードプレス」って知ってますか?

自宅(ファーストプレイス)でも職場(セカンドプレイス)でもない、

心地よく過ごせる3番めの場所

次回も別の雰囲気のアフタヌーンティーで楽しみたい!

田中さんもまた一緒にお願いします!

嬉しそうに言う、ひろみ。

7回目のカナディアンロッキー再訪で、今までとは違う、「サードプレイス」としての付加価値を見つけたんだと思います。

山歩きをするためだけにカナダ🇨🇦に来たわけじゃない。

改めてそんな大事なことに気付かせてくれた、「女子ごころ」に感謝です。ありがとう。

でも、
落ち着かないので次回の同席は遠慮したい

田中

 

田中と遊ぶハイキングツアーへの相談はLINEでお気軽に。内容は他の人から見えないのでご安心を。

Add friend
 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.