個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

小説風ブログ- まさか私がカナダで山登りだなんて-第2章

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

過去、一緒に遊んだゲストさんたちの言葉を思い出しながら、小説風に書いてみました。

ノンフィクションのようなフィクション?

6月のカナディアンロッキーで、初めての山登りをすることになった加奈子かなこちゃん(架空人物)の体験記。その第2弾。

この記事からの続きです。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

主人公 加奈子かなこちゃんのおさらい

●初めての海外旅行
●とにかく英語は恐怖
●山登りなんてしたことない
●山登りって修行でしょ?
●冷え女子が寒い国なんてムリ
●カナダのバンフは日本人観光客が多いことを知る

では、第2章をどうぞ。

 

ETA(カナダ入国ビザ) の申請もLINEで?

海外旅行が初めての私にとって、当然なんだけど準備が多いことも知った。

パスポートはもちろん、

カナダの入国ビザ(ETA)

カナダで使うお金 (カナダドル) の両替。

もちろん、航空券やホテルの予約。

でも、私がひとりでやったのはパスポートだけ

 

他のことは、今回お世話になるカナダの田中さんがLINE通話ですべて手伝ってくれたのだ。

日本にいる私がカナダに住んでる人とLINE出来るなんて、スゴイよね!

カナダ入国ビザ(ETA)の申請もLINEで一緒にやるよー!

田中

オンラインの申請はすべて英語表記なんだけど、

別に用意したタブレットで申請画面を見ながら、田中さんの言うとおりに入力。

英語が恐怖でしかない私が、たったの40分で完了!ワーイ!\(^o^)/

お仕事が忙しいでしょ?

ググるよりもLINEで聞いてきなよ。

田中

何度も言ってくれた田中さんの言葉で、いつも安心感が隣にあった。

カナディアンネットワークという旅行会社

航空券はね、東京の旅行会社を紹介するよ。

田中

そう言われて教えてもらったのは、カナダ専門の旅行会社「カナディアンネットワーク」

田中さんの30年もの心友(親友)、内田智恵うちだともえさんが親切に対応してくれた。

旅行会社ってお高い手数料を取るイメージだったけど、内田さんは拍子抜けするほど違ってビックリ。

勝手な思い込みって行動を狭くするね。

内田さん、最高!

 

カナダドルの両替えはオンラインで

カナダドルへの両替え情報は目からウロコだった。

成田空港やカナダに着いてから両替えするんだと思ってたけど、

オンラインの「宅配」サービスがいいよー!

田中

実際に成田空港の両替所にも電話確認したみたけど、オンラインのほうが9円もお得だった。

それだけで2万円近くもお得じゃない!

ステキなこと教えてもらったわ~。

 

現金を持ち歩くことになるけど、私自身がちゃんと管理すれば良いだけ。クレジットカードだって同じでしょ。

 

登山用品はこうやって揃えた

いちばん心配だった服装のことも、田中さんとのLINEを会話を重ねてなんとか揃えた。

トレッキングもしたいなら「登山用品」が必須だよ。余計な費用もかかるけど、覚悟ある?

田中

ユニクロ商品では参加させないよって最初に言われてた。

しかも、綿素材の衣類は絶対に タブー。

どんだけ厳しいガイドなの??(苦笑)

特に下着は大事だよー!

ブラもショーツも登山用品が理想。

田中

ヨガ用のブラトップで代用できるのかと聞くと、素材を教えろと言う。

実際に会って下着チェックするわけでもあるまいし、ブラやショーツのことまで強制されるってなんなの??

田中さん、エロいおっさんか??(笑)

結局、カナダから帰国しても山登りなんかしないであろう私は、なるべく予算を抑えたいことを伝え、

下着はヨガ用、
雨具やリュックはレンタル、
シューズは登山専門店で購入、
Tシャツなども登山用を購入。

 

メルカリでも探してみたら?

田中

田中さんから言われ、山女子用の可愛いシャツや帽子、ショートパンツ・タイツなどを揃えることも出来た。やった!\(^o^)/

初めての登山用品はワケ分からずで大変だったけど、お安く揃えることの出来て満足!

 

メリノウールってなんだ??

冷え女子の加奈子には「メリノウール」がお勧め!

腹巻きやシャツ、神戸のステキなお店と店長を紹介するよ。

田中

え? ウール??

それって、チクチクしてゴワゴワしてるセーターのこと?

そんな私の固定感をすべてひっくり返されるように、

メリノウールっていうのは、

●サラサラの肌触りで
●ビックリするほど薄くて
●寒いときには温かく
●暑いときには涼しく感じる
●シャツだけじゃなく、
下着や靴下・腹巻きまである

夏の冷房に弱い私は、神戸のと~る店長さんのお店からメリノウールの腹巻きと靴下とシャツを買いました。

なんだか、田中さんにすっかり操られてるか??

でも、と~る店長はめちゃめちゃいい人。

インスタのDMでやり取りしてくれた。
商品の写真を何度も送ってくれて、オンラインなのに安心して買えました。

カナダで遊ぶ数日間よりも、日本に帰国してからのほうが私には役立ちそう。

 

加奈子かなこちゃんの体験記、まだまだ続きます。お楽しみに。

by 田中

 

トレッキングツアーの相談など、ゆるくLINEでお話しましょう。内容は他の人から見えないのでご安心を。

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.