“お金は働けば取り戻せるけど、時間だけは戻せない” 日本人の個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーのトレッキングツアー。

改めて、ぼくの役目は「お役立ち」の提供

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

今日のブログは新潟のS夫妻のためだけに書いてます。

でも、どこか一部は他の誰かにも役立つのかな??

昨日、こんな嬉しいメールが届きました。

000Screenshot_20170115-140812

ぼくが嬉しかったこと

①ブログが楽しそう
②返事がないので再送
③同世代

問い合わせたのに返事が来ないからって、わざわざ別アドレスから2度目のメール。

そういうのって、本音は面倒ですよね。

でも、手間をかけてくれたのが嬉しいです。

あ、返事が出来なかったのは、不具合でぼくが確認できなかったから。ごめんなさい・・・

そして、ブログが楽しそう って言ってくれたこと→ ぼくにとっては最大限の褒め言葉です。

それもこれも、過去に参加のみんなが、めちゃいい表情をしてくれてるお陰。

その後のやり取りで、先方の嫁さんが言ってくれました。

皆さん、とっても楽しそう!

そして、田中さんが毎回楽しそう!(^^♪

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

毎回いちばん楽しんでる? カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。https://tanakaworld.com/

P7060430008

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 LINEのおかげでとてもスムーズ

メールが届いた翌日に、LINEの、無料電話で60分くらいお話してもらいました。

当たり前だけど、短時間でお互いの質問と回答がとてもスムーズです。

メールだと何回もやり取りを重ねないと分からないことが、一瞬でクリア!

ぼくみたいに、相手のことをとことん知りたい ってヤツにはめちゃ有難い仕組みです。

無料だし、LINEはぼくにとって必須のツールですよ。
Screenshot_20170115-143342

 

 電話で話したことを おさらい

ここからは先方の〇〇夫妻への「まとめ と 補足」ってことで書き留めておきますね。

1.往復の機内は寒い。身体を冷やさない工夫。

2.日暮れは21:30ごろ。特に初日は有効利用できる。スーパー、町歩き、トンネルMt.ハイク など。

3.候補ホテルの中での個人的なお勧めは「ムースホテル」

4.乾燥が強いので安い化粧水をたっぷり多めに

5.陽射しがめちゃキツイ

6.洗面器・ハンガー・洗剤は手洗いの三種の神器

7.中間着は「フリース」よりも、小さくまとまる「ダウンジャケット」のほうが良い。

8.1日の寒暖差が激しいので、薄いものを重ねて大胆に組み合わせる

9.あったかい帽子は必須

10. 雨具は5年が経過してるとのことなので、撥水剤で再洗濯をお願い。

11. 5月のロッキーは残雪のと強い陽射しで写真が白トビしやすい。新たにカメラを購入するならコンデジのハイエンドを。

あ、ひとつ言い忘れてました。

野生動物までのキョリが遠いことも多いから、双眼鏡を持ってくると役立ちますよー!

 

 新潟の自宅からタクシーで成田空港へ!

電話での会話中に、何気なく気になった言葉。

「新潟から成田空港へ行くのって、けっこう大変なんですよねー」

なにか良案はないかと調べてみたら、新潟からこんなサービスが見つかりました。

自宅からスーツケースを積んでラクラク空港へ

中央タクシー空港便

①税込みひとり、上限1万5千円以下で自宅?→ 成田空港まで。

②乗車時間は約6時間

③飛行機の出発の3時間前に到着予定

だから、S夫妻の自宅からだと、9時間前くらいに出発。
エアカナダの出発は16:25だから、朝の07:30ごろの出発?

自宅から重たいスーツケースを引きずって、新幹線やら空港行きの電車などに乗り継ぐ必要なし!

途中のサービスエリアにも何度か寄って休憩もさせてくれる。

長野・群馬の人も利用できるし、羽田空港行きもあり。

もちろん、空港→ 自宅も予約可能。

 

追記→ GWやお盆時期などは、渋滞っていう懸念もありですね。

ぼくは渋滞とは無縁の土地で暮らしているから、そんなことにも気付けなかった・・・・

 

今日のまとめ

相手がどこに不安や不満・不便を抱いているのか、しっかりアンテナを張るのがぼくの役目。まだまだ出来てないけどね(>_<)

「トレッキングガイド」なんていうのは、ただの職業タイトル。

そんなものは一緒に遊ぶ手段のひとつにすぎません。

S夫妻のカナダ旅行は、新潟の自宅出発から自宅到着まで

もしも、ぼくがガイドだったら、カナディアンロッキーで遊ぶ日のことだけを考えればいいんだろうけど、それはやっぱりイヤだなぁ。

まだカナダにも行ってないけど、トレッキングもしたいから夏に再訪したい ってことも話してくれた。

だったら、今回だけではなく、次に繋がることも考えたい。

ぼくが見るべき方向は、〇〇夫妻の数年後やそのずーっと先の将来。

ふたりがいつまでも語り合えるような、色褪せないカナダのこと。

ロッキーを励みや刺激に多忙な毎日を過ごせるような、そんな人生のお手伝いだと思ってます。

こんな暑苦しい男だけど、〇〇夫妻が懲りずに付き合ってくれたら嬉しいです。

貴重な言葉とヒントを有難うございました!

それでは、また!

 

 

トレッキングツアーの相談など、ゆるくLINEでお話しましょう。内容は他の人から見えないのでご安心を。

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2017 All Rights Reserved.