個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

カナダのハイキングにストックは必要か?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

 やっぱり登山用のストックは必要ですよね?

ゲストさん

使ったことないなら不要です。必要ならぼくのを貸します。

田中

頻繁に聞かれることなので、サクッと書いてみました。

2分で読めます。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナダ旅行のENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

なくても大丈夫

特に山歩きが未経験の人は、登山=トレッキングポールが必須だとイメージしてしまうのでしょうね。

こういう写真をどうしても見かけてしまうから(笑)

出典: 登山女子倶楽部 (Facebook)

または、カナダの山登りだからハードだろうって勝手に思い込んでしまうのかな?

ぼくのツアーの場合、息を切らして登り続けるような遊び方はしません。

歩くコースのレベルも千差万別です。

トレッキングポールなしでも歩ける「お散歩」レベルから、

休憩やランチを含めた合計時間が3時間程度のハイキング、

同じく合計時間が5~6時間のトレッキングまで様々。

もちろん、短いコースでも傾斜がキツかったり長いコースでも緩かったり。

必ず5人以下でほとんどプライベートツアーみたいな感じだし、

事前にヒアリングもするし、希望を交え、最終的にはお天気で遊ぶ内容を決めるから。

 

デメリット

ぼく個人が勝手に思う、トレッキングポールのデメリットを挙げてみました。

●日本からの荷物が増える

●写真を撮る際に邪魔

●使い方で効果が変わる

●慣れていないと時間を浪費する

●腕が疲れる?

●ハンドフリーのほうが安全・安定することもある

●古くて劣化したモノは壊れることがある(久し振りに引っ張り出したなどは要注意)

 

メリット

一方でメリットはこんな感じかな?

●楽だと感じる

●膝や腰の不安を軽減できる

●不安が小さくなる

●なんとなくカッコイイ??(笑)


 

個別相談に応じます。

他にも伝えたいことはたくさんあるけど、

ぼくのツアーに参加してくれる人は、トレッキングポールについて個別にお話しましょう。

LINEなら内容は他の人から見えないので安心です。
Add friend

 

特に新規購入を検討するなら、相談してください。

イマドキのトレッキングポールは種類も多すぎて選ぶのも大変だから。



出典: 楽天市場/山渓オンラインショップ

 

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.