7月や8月に出会える雪で笑顔になれる!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。
うわーー!!
雪渓ーー??

7月や8月にカナディアンロッキーで一緒に遊んでくれた人たちが、ビックリしたり大喜びしてくれるのが、残雪。

「雪渓」っていう表現はかなり大袈裟だと思うけど(笑)、日本の日常ではあり得ないことなんだから、それだけ強烈な印象ってことですよね、きっと(^^♪

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

今日の記事は3分以内で読めます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

今回は3時間+4時間くらいで書けた!
画像選びと加工に時間かかったけど、文章はサクッといけてひと安心。

 

真夏に雪と触れ合える非日常

7月下旬に4日間を一緒に遊んでくれた、てっちゃんと70歳のお母さん・孝子さん。

その孝子さんがいちばん喜んでくれたのが、2回の残雪。

“田中さ~ん!雪のとこで一緒に写真を撮ろうよー!💛💛”

声を大にしながら、雪を触ったり足元を確認してる表情が印象に残ってます(^^♪

 

スキーで遊ぶ?

7月中旬に遊んでくれた、萌とかっすん。

彼女たちの発想は、「雪=スキー」

インスタのストーリーに投稿させてもらったけど、「一秒スキー」をめちゃ楽しんでくれました(笑)

ぼくのインスタは→ こちら

 

残雪とお花畑のコラボ

8/01に遊んでくれたおふたり。

同じコースの中に、残雪の5分後にお花畑が登場!

この季節感がごちゃ混ぜでルールなど存在しないのが、カナディアンロッキーの魅力です。

うん、ホントそう思う。常識ってなに??(笑)

 

アイゼンなんか要らない

7月や8月にカナディアンロッキーへ遊びに来てくれる人たちへ。

残雪に触れられる可能性は高いから、是非、お楽しみに!

だけど誤解はしないでね。

アイゼンなんか要らないから。
ガチガチの氷じゃないから。
ツルツルじゃないから。

トレッキングシューズだけで、ぜんぜんオッケー。

だって、99.999%は土の上を歩いてもらうんだから(笑)

日本の真夏では非日常を、爽やかに楽しんでくださいね(^^♪

 

今日のまとめ

●カナディアンロッキーあるある
①7・8月でも雪と触れ合える
②雪でハッピーになれる
③夏のトレッキングシューズ
④アイゼン要らない

あ、爽やかな滝がいっぱいあることもブログで伝えないとね。そんな記事もお楽しみに~!

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

直でカナダのお話をしたい人、ゆるく相談したい人はLINEでお話しましょう。内容は他に公開されることはないのでご安心を。LINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも出来ます。

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.