2018/08/11

レイクオハラツアーへのこだわり

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

レイクオハラのツアーを担当するにあたり、ぼくの大事な想いを綴ってます。

レイクオハラの魅力は人数制限にあらず!

日本人はどうしても「限定モノ」に弱いから “人数制限” にフォーカスされちゃうけど、本来のレイクオハラの魅力はこれ!

●初心者でも歩きやすい登山道
●5日間毎日通っても別コース
●圧倒的な景観と空気感
●9月の黄葉がヤバすぎる

だからこそ、ぼくなりの「こだわり」が伝われば嬉しいです。

ぼく(田中康一)たなかこういちと歩く「レイクオハラツアー」の内容や料金は→ こちら

 

●田中さんの後ろを歩くと本当に楽です(^^♪

一緒に遊んだゲストさんたちから、何度も言われた言葉です。歩行ペースは特に工夫を凝らしているから、とても嬉しいですね。トレッキング経験が浅くても、レイクオハラ以外に歩いたことなくても、笑顔になってもらえる引き出しは、毎年増えてます。

 

レイクオハラが誰よりも大好き!(*^^*)

2010年から始めたツアー回数は120回を超えました。行けば行くほど大好きになりました。

個人の遊びも含めると、プラス18回。
冬も何度も通ってます。

四季の変化、足並みや体力、感性の異なる人たちと歩けた経験が、今に役立ってます。安心してもらえる自信、バッチリあります(*^^)v

 

「レイクオハラ完全制覇」を目指そう!

レイクオハラは本来、ロッジやキャンプ場に泊まって何日間も歩けるほどのコース数があります。でも、宿泊施設の利用は至難の業。

だったら、日帰りツアーを何年もかけて「レイクオハラ完全制覇」を目指そう! お天気次第だけど、ぼくのツアーなら6回前後で完歩できるかも。

日本人は知名度がないけど、閑静に佇む「リンダレイク」のエリアや、「オパビン」から目線の高い「ヤクネスレッジ」経由での「レイクオエサ」など、40パターン以上の組み合わせで、埋もれているレイクオハラの魅力を伝えたいな(^^♪

レイクオハラを何度も訪れたくなる感性を持った人たちにこそ、ぼくのツアーはたっぷりの価値が生まれます。

 

●雨でも快適なランチを工夫します

天候の急変に備えて、タープやツェルトを持ち歩いてます。真夏だからこそカイロも予備のあったか帽子も持参してます。濡らさず冷やさず快適なランチを。冷え性の女性もご安心を。
 

●一緒に歩くぼくが事前情報を伝えます

日本出発前のSNS投稿や問い合わせなどから、最新の情報を得られます。ぼくと直接メール・LINEなどを交わして、不安や心配を減らしてください。

 

●過去のツアー実績

2013年→ 22組
2014年→ 25組
2015年→ 16組
2016年→ 15組
2017年→ 10組


●予約失敗
2013年→ 0回
2014年→ 6回
2015年→ 5回
2016年→ 4回
2017年→ 4回

 

レイクオハラは 8:30AM 発のシャトルバスでこそ価値がある

10:30AM バスではなくて、

8:30AM発のシャトルバス利用にこだわってます。

その理由→ 朝の空気感と湖面の映り込み(確率が高い)は、8:30AMバスだけの特権。レイクオハラが「聖地」と称される理由が分かります。

 

7:00AM バンフホテル発 / 18:00 バンフ着

焦らず余裕のあるツアーにしてます。

行き→ 8:30AM発のシャトルバス
帰り→16:30バス
●何度も立ち止まって写真を撮る ●憧れのキャロットケーキを食べる ●欲張って歩く  ●上級コースにもトライできる などなど。 すべて、ハイキング時間が7時間以上だから提供できること。

 

レイクオハラのツアーブログを読む

2017年のブログ→ https://tanakakoichi.com/category/lakeohara/

 

ぼく(田中康一 たなかこういち)と歩く「レイクオハラツアー」の内容や料金は→ こちら
ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.