2018/02/15

レイクオハラに行くなら「オパビン」を歩きたい!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

先日テルハルと過ごした2回のレイクオハラで、つくずく分かったこと。

やっぱり「オパビン」の魅力は深すぎるなぁ ってこと。

次回からゲストさんに「お任せコースで」!って言われたら、その日が晴れだったら、迷わず「オパビン」を歩こうっと(^^♪

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

単純往復だけではもったいない

いや、結論から言うとね、

レイクオハラから向かうエリアはどこも壮絶にスバラシイんだよ。優越も順番も付けるものではないと思ってる。
各エリアにはそれぞれの魅力が満載だし、組み合わせ次第で30通り以上もの歩き方があるんだから、何度でも楽しめる場所。それが「レイクオハラ」

「レイクマッカーサー」

「レイクオエサ」

どちらも超絶景だよねー!(^^♪

でも、誤解されがちなのは、
「レイクマッカーサー」や「レイクオエサ」が終点だと思われてるってこと。それぞれの湖だけの単純往復だけなんて、スゴイもったいない(>_<)

訪れる時間帯によっては「ド逆光」にもなっちゃうし。

バス予約が出来なくてパーキングから歩いて登る人には該当しない内容だけど、ラッキーにもシャトルバスの予約ができた人たちは、存分にその魅力を堪能してもらいたい。

例えば、

「レイクオエサ」なら「オパビン」から登って「ヤクネスレッジ」経由で繋げてみるとか、

「レイクマッカーサー」なら「オダレイハイライン」と組み合わせるとか、(時期的な制限があり)

たくさんの選択肢があるんだから。単純往復だけではもったいない って思うのはぼくが「レイクオハラ」を歩きすぎてるからなのかな?

 

「水」の多彩さと季節の変化に魅了される

ぼくが個人的に想う「オパビン」エリアの魅力は、

流れる水の多彩さ

澄んだ様子だったり、流れの強弱だったり、背景や空気感との相性だったり。それらは、写真では表現できない、自然の繊細な部分じゃないかなって思う。   

ぼくなんかの撮影では写真映えしないからこそ、実際に歩いたときに雰囲気に酔うのかもしれないね。「オパビン」のエリアはそれが本当に豊富で変化に富んでいる。

そして、7~9月の移り変わりもお見事だから、時期を変えての魅力もたっぷりなんだよね。

こんなに黄葉が映えるコース、かなりの価値あるよー!

 

ぼくをオパビンに連れてって

「オパビン」エリアって、とにかく分岐の多いコース。枝分かれしたところから、さらに魅力的も拡散されていく。

「レイクオエサ」へと続くアルパインルートに繋げるも良し、途中で引き返すも良し、「オパビンレイク」を含めて山上でたっぷり時間を過ごすも良し。はたまた、早めに下って「レイクオハラ湖畔」を周遊するも良し。

これだけ選択肢の広がるエリアって、他にないよね。間違いなく、「オパビン」はカナディアンロッキーのオアシス!

「ENJOYアドバイザー」としてバスの出発時間ギリギリまで、どう遊んでもらうかはぼくの役割り。

日本人で「清流」が嫌いな人なんていないんだから、ほとんどの人は絶対に気に入るエリア。そして、ぼくと気が合う人、ぼくのブログに普段から共感してくれる人なら、間違いなく「オパビン」エリアの虜になるよ。

伝えたいことがまだまだいっぱいあるけど、

とにかく、

誰か、ぼくを「オパビン」に連れってー!(^^♪  でも、晴れてる日だけね(笑)

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪

●Twitter https://twitter.com/tnk51canmore

●Instagram https://www.instagram.com/tnk51canmore/

●Facebook https://www.facebook.com/koichi.tanaka.5201

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.