2018/07/05

6/19・20 さとこ&さっちゃん 後編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

さとこ&さっちゃんと遊ばせてもらった2日間の後編は、下見を終えて実際にツアー本番で歩いたときの様子を綴ってます。

前編をまだ読んでない人は→ こちらから

 

「リンダレイク」は壮絶に魅力的!

こんな早くからレイクオハラでツアーをするなんて、ぼくも初めての体験(笑)

6月は雪だらけでムリと思ってたけど、それはレイクマッカーサーやレイクオエサやオパビンで考えてしまうから。

スタートから標高を下げる「リンダレイク」なら、条件次第でなんとかなるかも。この日も夏シーズンとは別のコース取り(田中オリジナル)で無難に?完了。

諦めなくてヨカッタ。視点を変えられた自分を褒めてあげたい(笑) バス席が取りやすいから、6月のツアーとして今後にも繋げられそうだね(*^^*)

だって、リンダレイクはこんなに美しい!水の流れが非日常で嬉しい。

そして、朝8時半出発のバスで見れる「レイクオハラ」はやっぱり感動が大きすぎる!

 

強風じゃなければ6月にもお勧め!

いつもは強風が当たり前の「Mt.インディファティガブル」 今日は無風で見事なまでの映り込みが湖面に。湖面に雲まで映り込むなんて非日常すぎる!

カナディアンロッキーが6回目となるふたりにとっても、このコースはかなり印象に残ったみたい。

だって、まだ登ってる途中なのに、

またこのコースを必ず歩きたい!

さとこ&さっちゃん

 

何度も叫んでたのが印象的(笑)

 

 

いつもは強風だってこと、今日は超ラッキーにも無風だったこと、ちゃんと覚えておいてね(笑) 今回は条件が揃いすぎたよー。

 

今回のカナダ国旗

6回目のカナディアンロッキーだから、説得力のある言葉だなぁ。

いつ来ても感動!!また来ます♡

 

日本からのお土産指定

 

田中さん、日本からお土産品をお持ちしますので、品物や銘柄指定をお願いします。

さとこ&さっちゃん

いわし、または、さばの「水煮缶」
大豆の水煮缶 または真空パック
重くない程度の個数で。近所のスーパーに売ってたらでいいよ。

田中

お土産了解です。スーパーで探してみます。芋焼酎は不要ですか?(笑)

さとこ&さっちゃん

もちろん、欲しい!日本酒でもOK(笑)

田中

 

 

また一緒に遊ぼうね!

6回目となる彼女たちにとっても、そして、ぼくにとっても、今回の2日間は新しいロッキーの魅力が広がったと思ってます。

日本各地と同じように気候が変化を続けているんだから、現地にいるぼくらも柔軟に対応していかないとね。既存の固定感はどんどん捨てないと。

さとこ、さっちゃん、また一緒に遊ぼうね(*^^*) 気付きをたくさんありがとう!

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2018 All Rights Reserved.