“お金は働けば取り戻せるけど、時間だけは戻せない” 日本人の個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーのトレッキングツアー。

寒がりの冷え女子さんには「メリノウール」がお勧め

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

冷え女子たちの心強い味方、「メリノウール」について書いてます。

カナディアンロッキーで快適に遊んでもらえるだけでなく、帰国後の温活にも役立ててもらいたいから。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

「メリノウール」の伝道師は神戸にいた!

神戸の元町にある、レディース専門のアウトドアセレクトショップ「Sitting Bull」

「冷え女子応援」に欠かせないアイテム、「メリノウール」のことや日常の温活について分かりやすく教えてくれます。

と~る店長のブログがお勧め
http://bulltoru.com/

 

インスタにもお役立ちがいっぱい!

 

メリノウール専門店って言っても過言じゃない。

他店ではなかなか仕入れてない商品への目利きはホンモノです。

シャツやインナータイツはもちろん、

ソックス(登山用・普段用)やブラ・ショーツまでもが「メリノウール」

と~る店長と奥さんのいっこさんがあったかい笑顔で迎えてくれます。

 

 メリウールをもっと知りたい

じつは「メリノウール」のこと、

ぼくには矛盾だらけでギモンのほうが多かった。

だって、

●ウールなのにチクチクしない とか

●ウールなのに1年中着れる とか

●夏に着ると涼しい とか

どういうことぉ???

知ってたのは、①「メリノ」っていうニュージーランド産の羊の毛っていうことだけ。

 

 メリウールのここがスゴイ!

そのギモンに、優しく手作り資料で解説してくれて、ブログでも教えてくれました!

分かりやすいブログ記事
メリノウール何で? について

 

内容をぼくなりに嚙み砕いてみると、こんな感じ。

①メリノウールの繊維がスペシャル。

②繊維の裏表に異なる役割りあり。

③表は冷気・水・汚れ・細菌を寄せ付けない(家の屋根)

④裏は汗を吸収する

蒸発ではないので体の熱も奪われない。

⑤結果、体温が一定になるから、
夏の暑さや冬の寒さを感じにくい。

1週間くらい着続けても体臭がつかない、匂わない。

まとめ
外気温に左右されない仕組みだから、冬に暖かいだけでなく夏は涼しい

 

日本の冬って、屋外と屋内・電車内の寒暖差がめちゃ激しいですよね。

メリノウールは上記したように、体温が一定になる仕組みだから、そんなややこしい冬の日常にも快適。

そして、1日の寒暖差が激しい、夏のカナディアンロッキーにも快適!

 

 メルノウールって高価だけど

素材が特殊だから、メリノはめちゃ高価(;゚Д゚)

ソックスだけでも2000円以上もするし、シャツは1万円前後。

それでも、4~5年も着続けられるってことを理解できれば、お得に感じませんか?

見た目が可愛いくてお財布にも優しいモコモコ系をたくさん買い足しても、結局、収納で困った経験ってあるはず。

薄くても温かい素材のメリノなら、収納もスッキリ!です。

実際に、ブログで快適さを分かりやすく綴ってる人もいました。

ご本人の許可をもらったので掲載しますね。



 

「冷え」の不安が小さくなったら

そして、「冷え」の不安が小さくなったら、一緒にカナダで遊ぼうよ! 遥かカナダ(彼方)を “身近なカナダ” に

この素晴らしい景色と空気を、あなた自身に感じて欲しいから。新しい世界を知ることで、違う自分を見つけてもらいたいから。

 

こんなブログ記事も追加してます
メリノウールを日常使いしてますか?

 

それではまた!(*^^)v

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

Friends Added

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2018 All Rights Reserved.