“お金は働けば取り戻せるけど、時間だけは戻せない” 日本人の個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーのトレッキングツアー。

2019年8月最新版 バンフからレンタカーでモレーンレイクとレイクルイーズへ行きたい人たちへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

8~9月にバンフやキャンモアに滞在。

レンタカー利用でモレーンレイクとレイクルイーズへ行きたいと思ってる人たちへ。 3分で読めます。


ぼくの実体験と、日本からの個人旅行者の実体験をサクッと綴ってます。

●モレーンレイク
●レイクルイーズ

カナディアンロッキーの2大観光名所がゆえに、駐車スペースの混雑が大きな問題になってます。

6月よりも7月の混雑はさらに深刻でした。

迎えた8月、お盆休みで日本からの個人旅行やレンタカー利用者がますます増えます。

そんな人たちの参考になりますように。

2019年8月1日に書いたブログ記事。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

モレーンレイクは朝の6時には満車

バンフにある、池田夫妻のB&Bに泊まったゲストさんの実体験です。

 

朝の5時にバンフを出発してモレーンレイクへ。

所用時間は約1時間。

すでにモレーンレイクの駐車場はいっぱい。

仕方なくシャトルバス乗場まで30分以上も車で戻り、7時30分発の時間外シャトルを利用したそうです。

ようやくモレーンレイクを拝めたのは8時過ぎ。

2時間もムダに過ごしたのはもったいない・・・

 

宿主の池田夫妻から聞いた話をそのまま綴りました。

 

朝の8時でレイクルイーズの駐車場が満車

ぼくがツアー中に実体験した、7/30の平日のこと。

朝の7時にバンフを出発。

所用時間は50分。

すでにレイクルイーズの駐車場はいっぱい。

昨年の2018年にはあり得なかったことなので、驚きました・・・

 

バンフ→レイクルイーズ→モレーンレイクへのシュミレーション

モレーンレイクとレイクルイーズ、

どうしてもレンタカーで行きたい!って人は、18時以降なら駐車場に停められる可能性は上がります(特にモレーンレイク)

朝に出掛けたいなら、
最初から「シャトルバス乗り場」に駐車して、有料のシャトルを利用したほうがスムーズ。

っていうか、朝のモレーンレイクへレンタカーで行くのはほとんど不可能です。

だって、駐車場の混雑しないよう道路を閉鎖してるんだから。

いつ、空くのか分からない状況で、周辺には待つ場所もありません。

以下、シャトルバスを利用したシュミレーションを綴ってみました。

バンフからレイクルイーズへ

06:30AM バンフ出発

07:15AM Lake Louise Park and Ride 到着

気温によっては防寒などの身支度、トイレなどを済ませバス乗り場に並ぶ。

まずは、レイクルイーズへ。

始発は8時発、その後、15分間隔で1台ずつの運行。

1台のバスに40人くらいしか乗れない。

満席で乗れない場合、増発はなし。

次のバスに誘導される(15分後)

8時20分ごろ、レイクルイーズ着→ 下車観光を楽しむ。

レイクルイーズからモレーンレイクへ

レイクルイーズの下車観光を楽しんだ後は、モレーンレイク行きのシャトルバス乗り場へ。

レイクルイーズの駐車場からのみ出発(帰りは Lake Louise Park and Ride まで戻れます)

始発は8時40分、その後、20分間隔で1台ずつの運行。

1台のバスに40人くらいしか乗れない。

09:00~10:00発のバスに乗って、レイクルイーズを出発。

09:30~10:30にモレーンレイク到着。

モレーンレイクから Lake Louise Park and Ride まで

思い思いに楽しんだから、Lake Louise Park and Ride まで戻る。

9時20分から20分間隔で1台ずつの運行。

11:40AM モレーンレイク発

12:15PM Lake Louise Park and Ride 到着

レンタカーに戻って別の目的地へ。

 

バス料金やスケジュールなどの詳細はこちらの記事を参考に。

 

最新情報はここから
パークスカナダの公式サイト

 

ツアー参加も選択肢のひとつ

ぼくのような現地の日本人ガイド会社は、それぞれ、モレーンレイクやレイクルイーズに駐車できる許可証を国立公園から発行してもらってます。

そのために、様々な費用も負担してます。

「日本語ツアーの料金は高い!」っていう誤解もあるようだけど、

レンタカー利用や個人旅行の人たちにも「ツアー参加」という選択肢で効率良く動けるのでは?って思います。

混雑する駐車場にも対応できるし、

その後の自分たちが動きやすいような情報も入手できるのだから。

誰かひとりでも、
このブログに共感してくれるなら、

ぼくのツアーで一緒に遊びませんか?

料金などは→ こちらから

 

関連ブログ

 

 

 

 

 

個人旅行者のための最新情報や、

田中と遊ぶツアーへの相談や質問はLINE登録が便利。内容は他の人から見えないのでご安心を。

Add friend

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.