個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

バンフ発 モレーンレイク行きのシャトルバス【2019年9月版】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

またまた個人旅行者に朗報です!

2019年9月19日現在の最新情報。

バンフ発 モレーンレイク行きのシャトルバス9/23 (2019年) より運行開始となります。

5分で読めます。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナダ旅行のENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。
https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

プロの監修があって書けたブログ

今回の内容は複雑多岐にわたるため、シャトルバスの運行会社( Roam Transit)より直接のアドバイスをいただきました。

 

日本人スタッフの一江(かずえ) さんから詳細を伺い、内容の修正もしてもらってます。

9/19時点ではかなり正確な内容です。

一江(かずえ) さんは20年以上お付き合いさせてもらってるバンフ在住のお友だち。美人さんなのに写真がなくて残念・・・(笑)

写真はイメージ 本人はもっと美しい(笑)

 

黄葉ハイキングにお勧め!

9月後半はカナディアンロッキーの黄葉シーズン。特に「ラーチバレー」などを目指すハイキングは大勢のハイカーで賑わいます。

昨年から始まった駐車場制限もあり、ツアー車両以外の車が入るのは困難になってます。

ハイキングはもちろん、下車観光などでモレーンレイクへ出掛ける人はシャトルバス利用が便利ですね。

 

シャトルバスの詳細

Route 10
Moraine Lake Express

運行期間:
9/23~10/14 (2019年)

往復料金:
$20(19歳以上)
65歳以上→ $10
13~18歳→$10
12歳以下→無料

スケジュール:
バンフ発
06:30AM, 07:30AM など午前に4本、午後に3本

モレーンレイク発
15:40, 17:30 など午前に3本、午後に4本

公式サイトはこちら

バンフのバス乗り場は ハイスクール前。

通常は54席の大型バスを使用。無料WiFi (圏外も多い)やUSBでの充電も可能。

画像はイメージ

なんらかの理由でバスサイズが変わることもあります。(WiFi や充電不可)

 

新しいサービスが故の問題点

でも、シャトルバスはメリットばかりではありません。新しいサービスが故の問題点も発生します。期間中に何かが大きく変更されることも予想されます。

特に接客やサービス水準が世界有数な日本からの皆さんには、驚くほどテキトーな対応も多いはず。

戸惑いを軽減してもらうために、予想されるデメリットや問題点を書いてみますね。

日本人スタッフの一江(かずえ) さんより教えてもらった注意点なので信頼できる情報です。

 

こんなことが予想されます

9/19現在の状況です。 運行期間中の変更も大いに予想されます。

事前予約は出来ません。先に並んでる人から順に乗車。

バスはその時間に1台のみ(通常は54席)

06:30AM バンフ発の始発や17:30 モレーンレイク発の最終便は、行列からの定員オーバーも予想されます。

並んでいても満席になった段階で乗車不可となります。


画像元: Roam Transit

 

週末は長蛇の行列が予想されます。

満席を覚悟のうえで早め早めに行動してください。

または、週末のモレーンレイク行きは避ける。

バンフ行きの最終便(17:30発)に乗れなくても自己責任となりますのでご注意を。

週末は定員オーバーになる可能性も十分にあります。

バス料金の支払いはカナダドルの現金のみ。

お釣りはもらえません。

バスドライバーさんの負担を減らすための仕組みです。釣銭の要らない金額を用意してください。

バス料金で使えるお金はお札が$20、$10、$5と$1, $2 のコインのみ(いずれもカナダドル)

お釣りはもらえません。

シワや折り目の多いお札は機械が反応しないので避けましょう。

$50や$100札などは使用不可。

19歳以上の往復料金$20は、バンフ市内を走る Roam Transit のRoute 1, 2, 7 に使用できる 1日券と引き換え。

工夫すればバンフに帰ってからも遊べますね。

バス専用アプリを使用しての支払いは問題点も多く、お勧めしていません。

 

個人旅行者の選択肢が広がる

変更が分かった時点でリライトしていきますね。

2020年の夏はバンフ~モレーンレイク間の運行も始まると想像できます。それを見据えての秋からの運行開始ではないでしょうか。

いずれにしても、レンタカーを使わない個人旅行者への選択肢が広がるのはイイことですね。

レイクルイーズ、モレーンレイク、ジョンストンキャニオン、レイクミネワンカに Roam Transit を利用して気軽に出掛けられる。

日本からカナディアンロッキーへ訪れる・再訪する人が増えることを望みます。

 

モレーンレイクからのハイキング→ 人数制限や入山規制についての質問が多いので、過去ブログも載せておきますね(2分で読めます)

 

 

個人旅行者のための最新情報や、

田中と遊ぶツアーへの相談や質問はLINE登録が便利。内容は他の人から見えないのでご安心を。

Add friend

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.