2018/10/13

小樽での夕食がお寿司でも海鮮丼でもなく、「びっくりドンキー」 だった理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

海の幸が自慢の小樽での1泊旅行、ぼくと啓子が大事な夕食に選んだのは「びっくりドンキー」

お寿司屋さんや海鮮丼のお店が軒を並べる小樽なのに、なぜにわざわざ「びっくりドンキー」??

たくさんの人に聞かれたけど、

もったいない!って言われたけど、答えはカンタン。

カナダには存在しないお店だから!

実は、一度もお店で食べたことなかったし、日本帰省するたびに気になってた。

でも、家族や友人たちとのイベントが増えるほど、その機会を逃してしまうのも仕方ない。

お会計の際に、お姉さんが笑顔で言ってくれた言葉にもグッときました。

外は雪が止んだようですが、足元に気を付けてお帰り下さい。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

現地時間(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)

 

何を食べるかではなく、誰と食べるのか

カナダ暮らしから日本帰省したぼくらに、

張り切って「びっくりドンキー」へと連れ出してくれる仲間は、もちろん誰もいない・・・(笑)

海外では食べれないだろうからと、

お寿司を筆頭に、

お刺身、

お魚、

ふぐ鍋、

雰囲気の良い料亭、

高層ビルの展望レストラン、

などなどのおもてなしで本当に有難いかぎり。皆さんのお気遣いと愛情をめーいっぱい感じてます。

でも、食へのこだわりが乏しいぼくら夫婦は、食べることよりも、

会いたかった人たちと会話を重ねて、
また会おうね!
って言い合いたい。

そんな共有空間と時間を求めているのです。

もちろん、もてなす側の、美味しい料理や雰囲気の良いお店で、再会に華を添えたいという気持ちも理解してます。

でもね、ぼくはあなたに再会できただけで、食事もアルコールもめちゃ美味しいのです。

「なにを食べるか」ではなくて、「誰と食べるのか・共有するのか」


(本多家の皆さんも、わざわざ大阪まで出てきてくれてありがとうね!)

 

日本帰省でぼくがいちばん食べたいもの

とは言え、
「日本で食べたいものはなに??」

みんなが気を遣って聞いてくれるんだけど、しっかり答えたことってなかった。

だって、いちばん食べたいのはこれ!

皿うどん

これだけは、どーしても食べたい!

別に味やお店にこだわりなどない。

フードコートでもチェーン店でも文句なし!ぼくが何度でも食べたいのは「皿うどん」

今回の滞在でも3回食べたよー。もっと食べたかったなぁ(笑)

 

 やっぱり、なにが食べたい ではなくて、誰と過ごしたいか

でも、みんなが張り切ってお店を探してくれてるのは知ってるから、そんなときまで「皿うどん」を求めたりはしない(笑)

カズと池田が連れて行ってくれた「昭和レトロ」な 焼き鳥屋、

紫穂がお勧めしてくれた、新潟名物「へぎそば」、

日本酒の品揃いが豊富だからっていう理由で、ある人が探してくれた居酒屋、

どれもこれもナイス!でした。

 

だけど、やっぱりそれは、会いたかった人たちが目の前にいて、共有できる話題がたくさんあったから。

とにかく、それに尽きるよね。ホントにそれがイチバン!

人混みの中の待ち合わせ。
ぼくを見つけた紫穂が小走りで胸に飛びこんできて、「お帰りなさーい!」って抱きついてくれた。嬉しかったなぁ・・・・(≧▽≦)

やっぱり、なにを食べたい とかではなくって、誰とどう過ごすのか ってこと。ぼくにとってイチバン大切なこと。

 

今日のまとめ

小樽の「びっくりドンキー」だって、別にハンバーグを食べたかったわけではない。

運河に面した古い倉庫を改装したお店のひとつが、たまたま「びっくりドンキー」だったってだけ。

カナダの日常では外食なんてしないぼくらが、入ったことのないお店の窓際の席で、見たことない景色を眺めながら、非日常の空間と時間を楽しむ。

食事ではなくて、日常では出来ない「コト」をしてみたい。

日常では会えない人に会いたい。非日常体験で明日に繋がるシアワセを買う。

カナディアンロッキーの大自然が、日本からやって来る皆さんの非日常のように、

「びっくりドンキー」は、ぼくら夫婦にとって1年に1回だけの特別なんです。また行きたいな!

楽しすぎた日本滞在も、明日の成田から飛行機に乗ったら、それでおしまい。

来年の「日本豪遊旅行」っていうご褒美に向けて、また1年、頑張るだけです。

日本の日常で頑張る皆さんと同じです。一緒に頑張りましょう!

 

それではまた!(*^^)v

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2016 All Rights Reserved.