2018/08/11

綿(コットン)素材でのツアー参加はお断りです

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

とても大事なことなので何度でも書きます。

綿(コットン)素材のシャツ、綿のブラ・ショーツ、トレッキングでは ぜーーーーーったいにダメ! 

ぼくと一緒に遊ぶツアーでは認めてないので協力してね。

綿(コットン)素材でトレッキングをしてもらいたくないワケを綴ってます。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

汗をかいた身体に風が爽やか!

綿は、汗や雨で濡れちゃうと乾きが遅い。

濡れたままだと身体が冷えていくし、そんなときに風なんか吹いちゃうとさらに冷え冷え。

昔の登山で言われてたこと→ 汗をかいた体に風が爽やか!

でもね、そのままいつまでも風を浴び続けても爽やかのままですか??

ぶるってなるでしょ? 寒くなるでしょ?? はい、それが「汗冷え」です。

濡れることで体温が奪われるので、雨がしみ込んで身体に沁みても同じ状況。風があると余計に冷えることになっちゃうのです。

いちど冷えちゃうと温まるのに時間がかかりすぎる人、多いのです。ぼくもそうだけどね。

同じ理由でデニム(ジーンズ)でのトレッキングも絶対にダメだよー。少なくてもぼくのツアーでは。

 

登っても背中や腰はサラサラ!

じゃー、登った後に寒くならない方法は? って言うと、答えはカンタン。

汗で濡れてなきゃいいのです。そう、背中や腰、脇などが濡れてない。

運動量が多いとふつうは汗をかくのが当然! でもね、その汗が身体の表面から逃げてくれたらどうですか?

「汗抜け」っていうこと。そしたら、ぶるっとはならない。寒くない。

それを実現してくれるのが、イマドキの登山用品です。素材をしっかり選んでくれてるから。

今の山歩き→ 登っても登っても汗が逃げてくれるから、背中も脇もサラサラのままで爽やか!

綿(コットン)素材ではない下着やシャツを身に付けることで、勝手に「汗抜け」してくれるのが、現在の登山用品。お値段が安くない理由もここにあり!

運動量の少ない部屋着や外出着ならユニクロさんでも良いんだろうけど、トレッキングに適した素材ではないから不具合は必至。

平坦な遊歩道を歩く散策ツアー以外は、ユニクロ製品も遠慮してもらってます。理由はやっぱり、素材の影響で「汗冷え」しやすいから。

ただし、ダウンジャケットだけはOK

 

 体温が上がりやすい夏場のぼくはポリエステルで

朝いちばんは寒がりだけど、体温が上がると一気に暑がりへと変身するぼくは、夏はポリエステルを愛用。いわゆる、化繊ですね。

さらに肌着を「Finetrack」のスキンメッシュと組み合わせることで、「汗冷え」の心配はほぼ解消します。

ただ、スキンメッシュから逃げてくれた汗が、化繊(ポリエステル)のシャツに溜まって乾きにくいのが気になる点。

①乾くときに体温で乾くから、体の熱が奪われやすい→ 寒がりの人は条件次第で寒さを感じやすい。

②汗のアンモニア臭も一緒に吸収してしまうので、臭いが付きやすい→ 女性は気になるし手洗いも必須?

 

気温の低い秋とか真冬用のシャツとしては不向きかもなので、今後はメリノウールという素材に注目してみようと思ってます。

 

今日のまとめ

近年の登山用品はどんどん質が良くなってます。「軽い・薄い・機能的」

特に、いちばん肌に近い下着やシャツなどは、①いかにして汗を逃がすか ②臭くならないようにするか ③あったかくて涼しいか の3点が焦点。

山小屋とかテント泊を想定して、何日も着続けられる、洗濯しなくても平気、そんな商品に向かってます。

機能がスゴイからお値段も張るけど、山以外の日常使いが出来れば、寒い冬の部屋着や夏の通勤着として重宝するなら、むしろお得な買い物だと思んだけどな。

登山用品=特別なものではないし、山歩きしないから縁のないものでもありません。

むしろ、気候変化の激しい日本の日常で、快適な毎日を過ごすためにも登山用品こそが役立つのだと信じてます。

神戸に訪ねた登山用品店が、ぼくと同じ視点で活動しているのが嬉しくて、これから何度も紹介していきたいな。

冬は温かく夏は涼しい、そんな「メリノウール」に興味がある人は、是非、こちらの記事も読んでね。

寒がりの冷え女子さんには「メリノウール」がお勧め

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2016 All Rights Reserved.