2018/09/02

12/30~1/02 お帰り!阿加那 「前編」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

あの阿加那(あかな) が帰ってきたー!

ナント、2014年度はこれが3度目(笑) 合計でも、わずか1年4ヶ月で4度目となるカナディアンロッキー。

そんな阿加那(あかな) がずーっと憧れていたのが「冬のカナディアンロッキー」

4日間の雪遊びの途中で彼女が叫んだ言葉がこれ!

私、冬ロッキーにまた来たい! 夏のロッキー貯金を冬にまわします!


「寒いのが苦手!」って言う人、このブログ記事を読んだら、冬の概念が変わるかも。

「冬ロッキー」に少しでも興味のある人、彼女の様子が背中を押してくれるかも。

次にこの冬景色を見上げているのは、あなたかもしれません。いや、マジで(*^^*)

高梨夫妻、落合美紀子さん、読んでくれてますかーー??(笑)

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナディアンロッキーのENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

「的を得た」名言集

阿加那(あかな) の冬初登場を歓迎するかのように、現地はこの冬3度目の寒波襲来(笑)

12/29(到着日)
最高気温 マイナス14.6℃
最低気温 マイナス24.9℃

翌日の12/30、体感温度はマイナス32℃まで下がったけど、彼女の感想は、

寒い! じゃなくて、『冷たい』

これ、上手い表現かも。

都市圏のビル街などで感じる、”底冷え” や ”締め付けられるような寒さ” とはまるで違うから。

そして、気温が上がった翌日以降、
12/31
最高 -9.7℃ 最低 -16.8℃
1/01
最高 -2.7℃ 最低 -11.1℃
1/02
最高 -5.8℃ 最低 -16.2℃

「ちっとも寒くないですねー!」って清々しい笑顔の阿加那(笑)

理解し難いでしょうが、それだけ寒さの質が日本とは違うっていうこと。

もちろん、防寒対策としての装備は不可欠なんだけど。

さらには、この言葉にも説得力があります。

雪が降ってるのに、ぜんぜん濡れない。気持ちいいです。

ボタボタ落ちてくる雪じゃない。

乾いた結晶が舞ってくる感じ。

そして、極めつけはこれ!

カナダの家やホテルのお部屋が、日本よりもずーっと暖かいってことが分かる名言です。

室内用として、もこもこソックスとシルクの「冷えとり靴下」を持ってきたけど、使う必要がないほどあったかい! フリースも部屋では着てませんよ。

現地に住む僕らには当たり前で、すでに忘れてしまった感覚だから、彼女の感想すべてが勉強になります。

「冬ロッキー」に興味がある人にはこんなふうに伝えれば良いのかも。

追記(1/04) 帰国直後の阿加那からのメールより

『東京は5度、寒いんですけど・・・(笑)』

この感覚ですね~(笑) 是非、他の人にも体験してもらいたい。

 

超早期手配→骨折→諦めを経ての再訪

今回の日程を決めて航空券を手配したのは、ナント、6月上旬! 夏の予定すら決められない人だってたくさんの時期に、阿加那はすでに冬の計画(笑)

ちなみに、燃油込みで14万円くらい(成田発着)

冬に計画してみたい人、早い時期に決められたら、年末年始でもかなりお得です。

彼女のスゴイところは、とことん調べて節約する方法を見つける努力を怠らないところ。いつもながら感心します。

が、しかし!
11/10に届いたメールがこれ。

実は一昨日骨折しました(^_^;)  ダサすぎです(笑) 執念で治します・・・

アホじゃ!(笑)

そして、ギブスが取れたのが1ヵ月後。出発まで4週間という間際でした。

足首が曲げられない、固定による筋力と体力の低下、腫れや痛みが再発することへの懸念、不安が膨らみすぎた阿加那からキャンセルの相談も受けましたが、ドライブだけでも良いのでは? ってことで、背中を押してみました。

だって、あんなに憧れていた冬のロッキーなんだから。

 

後編の記事へ→ 続く

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

 

ゆる~い感じでLINE登録から質問やツアーの相談なども歓迎。内容は他に公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。サイトの作成もLINE担当も田中康一(たなかこういち) 登録後にぼくのブログが配信されます。

 

「友だち追加」した人の情報は、管理人にも分からない仕組みになってます。トークでメッセージを送ってもらって、初めて正体が明らかに(笑) だから、気軽に追加してね ♪

 

ロッキー滞在について、メールでのお問い合わせも大歓迎(^^♪

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダはロッキー山脈の麓で日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。山歩き以外に楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、野球ドキュメンタリー、電子書籍での本読み、エクスマ、コト売り。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダの日本語トレッキングツアー , 2015 All Rights Reserved.