個人ガイドと遊ぶカナディアンロッキーの日本語ハイキング、トレッキングツアー

日本の山は修行、カナダはレクリエーション

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

とても困ってます!

ぼくの大事なゲストさんたちが、日本のお友だちから大きな誤解を受けてる・・・

「カナダなんだから、日本の山よりずっと大変なんだろうね」

「日本の山では物足りないからカナダで登るの?」

大好きなカナディアンロッキーを共有したいだけなのに、お友だちから言われるのはそんなことばかり。

日本人が抱きやすいのは「登山=苦行」のイメージ。

ゴツゴツした岩肌ばかりが目立つカナディアンロッキーは、さらにツライ登山を想像してしまうのかな?

実際には楽しいレクリエーション(山遊び)なんですけどね(笑)

カナディアンロッキーの一般的なハイキングについて、

日本の登山との違いを交えながら、持論を書いてみました。

3分で読めます。

 

「カナダは遥か彼方じゃない」

カナダ旅行のENJOYアドバイザー、田中康一たなかこういちのブログへようこそ。 https://tanakaworld.com/

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

日本では修行

「日本の山では物足りなくなったからカナダの山に登るの?」

いえいえ、まったく逆です!

日本の山登りでは厳しいかなって思う人こそ、カナダでハイキングをしてもらいたい。

だって、頂上を目指す登山じゃないから。

日本には「山岳信仰」という言葉があるように、山そのものをご神体とみなしたり、

神や仏をあがめ拝むために山を登る、修行者たちの存在が根強くありました。

だから、楽しむための登山ではなく修行や苦行が当然なのです。

奈良県の三輪山みわやまは 大神神社おおみわじんじゃのご神体として、神や仏を拝むために登る山。

スマホ撮影や水分補給以外の飲み食いなどは禁止。

笑顔でワイワイお喋りしながらなんて、もってのほかなんだとか。

こちらは言わずと知れた富士山。

登山道は急勾配でそのまま頂上へと続きます。

 

カナダはレクリエーション

それに対し、カナダの山歩きはレクリエーション(山遊び)

老若男女、誰もがムリなく登れる「トレイル(登山道」を作り、そのほとんどは頂上に繋がりません。

終点は頂上ではなく、美しい湖や高原のお花畑だったりするんです。

例えば、
以下はぼくのツアーでも頻繁に行ってるハイキングのコースマップ。

険しい岩壁に囲まれてますが、実際に登り下りするのはその麓です。

(タップして画像を拡大できます)

①の湖(レイクオハラ)をスタートして、②の湖(シェーファーレイク)を経由し③の湖(レイクマッカーサー)が終点。

先日も、10歳の男の子とそのご両親(お父さんは人生で初めての山歩き)で一緒に遊びました。



ヘルメットやロープなど特殊な道具を使うこともなく、

二本足だけで歩けるのがカナダのハイキングです。

さらには小動物もたくさん!

リスが立ち上がってポーズをとってくれたり、

ナキウサギが駆け回り、マーモットが出迎えてくれたり。

何度も写真を撮りたくて立ち止まってばかり。ぜんぜん進まない(笑)

カナディアンロッキーの山歩きは、「ハイキング」という山遊びなんだと思ってください。

 

 今回のまとめ

カナダにも登頂を目指す、Alpine mountaineering や Climbing、Scramble(スクランブル)などの言葉はあります。

でも、ぼくが広めたいのは一般的なカナダの「ハイキング」

過去にもこんなブログを書きました。

 

今日のブログは、さらに視点を変えてみました。

「苦しい山登り」

「苦行のような登山」

固定感が強い人には、一朝一夕で解けない呪縛かもしれません。

でも、その誤解を緩めることが出来たら、

カナダで山歩きしてみたいなぁ って人が増えるかも。

ぼくの大事なリピーターさんたちが、帰国後に楽しくお土産話をする機会が増えてほしいなぁ。

そのためにも、視点を変えながら何度も地味に発信していきますね。

 

 

個人旅行者のための最新情報や、

田中と遊ぶツアーへの相談や質問はLINE登録が便利。内容は他の人から見えないのでご安心を。

Add friend

 

メールでも受け付けてます。

 

カナディアンロッキー(キャンモア、バンフ、ジャスパーなど)の現在時刻。

 

オリジナルのLINEスタンプ「カエデちゃん」販売中

 

こんな記事も読めます(カテゴリー別)



 

アカウントを持ってる人は繋がりましょー!(^^♪
(クリックでそれぞれのアカウントに跳びます)

 

ブログの感想など、レターポットで贈ってもらえたら飛び跳ねて喜びます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1965年生まれ。北海道旭川市出身。カナダのバンフで日本人旅行者のトレッキングツアーを主宰。特に山歩き初心者さんが安心できる引き出しは豊富。楽しいコト→ キャンプ、バードウォッチング、ワイン、日本酒、芋焼酎、カラオケ、本読み。

Copyright© 田中康一と遊ぶカナダ , 2019 All Rights Reserved.